家電情報 まとめ・ニュース

家電がわかるまとめ情報サイト。白物から黒物まで。

    HomeVac
    アンカー・ジャパンはコードレス掃除機「eufy HomeVac」を発表。Amazon.co.jpで、1月18日より販売。価格は14,800円。

    2200mAhの大容量リチウムイオンバッテリーを搭載し、約22分間の連続使用が可能。また、エコモードに切り替えることで、約50分間の連続使用も行えます。

    吸引はサイクロン方式。遠心力を利用した回転でホコリをモーターから吹き飛ばすことで、詰まりを防ぎ、強力な吸引力を維持することが可能。HEPAフィルターを備えており、ダニやカビ、ペットから出る小さなアレルギー物質を取り除きながら、排気をきれいに保つことができるとしています。

    0.9L以上の大きなダストホルダーを採用。本体サイズは260(幅)×1090(高さ)×220(奥行)mm。重量は約2.5kg。ボディカラーはホワイト。

    驚いたのはモバイルバッテリーで有名なアンカーが掃除機を出したこと。どうやら2016年には家電ブランドを立ち上げていたようです。得意のバッテリーを生かした家電、ということになるのでしょう。

    ただ、掃除機はバッテリーだけで高性能になるものではないだけに、どうでしょう。やはり安さを売りにするのかと思いきや、案外中途半端な価格の印象。

    デザインで売るにしても、どこかで見たような雰囲気に終始しているようです。

    まあ、もともと、1万円台で買えるコードレス掃除機のサイクロン式など、どこも似たり寄ったり、そう高性能でもないので、雰囲気で売れるイメージを作れればいいのかもしれません。電池が持ちそう、というアンカーならではのイメージは重要で、そこを押し出せば何とかなる?







    オムロン ヘルスケアは、Bluetooth機能を搭載した手首式血圧計「オムロン 手首式血圧計 HEM-6321T」を発表。11月30日より発売。

    Bluetooth機能を使って測定データをiPhoneに転送し、健康サポートサービス「ウェルネスリンク」を活用して専用アプリ「からだグラフ」やパソコンでグラフ管理することが可能。パソコンサービスを使うと、グラフの確認以外にも、日々の測定データの変化をもとにした分析などを表示する「データナビ」や、朝と晩に測定した血圧データをグラフで表示し、簡単に印刷できる「朝晩血圧手帳」が利用できる。ウェルネスリンク、アプリのご利用には、NTTドコモとオムロンヘルスケアが共同出資するドコモ・ヘルスケアの健康サービス「WM(わたしムーヴ)」への会員登録(無料)が必要です。

    液晶画面にバックライトを採用し、暗い場所でも測定結果をはっきりと確認できる。2人分の血圧値と脈拍を日時とともに自動的に記録し、それぞれ最新の測定記録から10分以内に測定された記録(最大3回分)の平均値と、100回分の測定記録を呼び出すことも可能。

    このほか、同社製の血圧計の中でもっとも静かに測定できるという「サイレント測定」に対応し、オフィスや外出先などでも測定が可能な点も特徴。カフ(手首に巻くベルト部分)を適切な強さで巻けているかをチェックし、画面で知らせる「カフぴったり巻きチェック」、正しく測定できる手首の位置を知らせる「測定姿勢ガイド」などの機能も装備。

    主な仕様は、Bluetoothのバージョンが4.0(Low Energy support)、測定範囲は圧力が0~299mmHg、脈拍数が毎分40~180拍。電源は単4形アルカリ乾電池×2で、電池寿命が約300回。本体サイズは89(幅)×61(高さ)×25(奥行)mm(手首カフ含まず)、重量は約100g(電池含まず)。

    ックライト非搭載で、メモリーが1人分の「オムロン 手首式血圧計 HEM-6320T」も同時発売。

    オムロンのBluetooth機能はiPhone限定のようですから注意が必要です。

    引用元: ・血圧計どこのがいい 2

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/kaden/1317431839/ 【オムロン 手首式血圧計 HEM-6321T Bluetooth機能を搭載!】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/11/20(金) 18:09:05.17 ID:???.net
    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20151120_731641.html

     LGエレクトロニクス・ジャパンは、55型でフルHD解像度の有機ELテレビ「55EG9100」を11月26日に発売する。
    価格はオープンプライス。店頭予想価格は348,000円前後。

     有機ELテレビ「LG OLED TV」の新機種。6月より発売した「55EC9310」シリーズに続くフルHDモデルで、
    自発光の有機ELパネルによる深い黒の再現や、WRGB方式による色彩表現、映像の応答速度など特徴は継承。
    曲面型のパネルを採用している。視野角は178度。

     新たに、搭載するWebOSをバージョン2.0へアップデート。YouTubeやSNSなどのオンラインサービスと、
    放送中番組への切り替えがスムーズにできる点などを特徴としている。一方、HDMI端子は55EC9310の4系統から、
    55EG9100では3系統に削減したほか、MHLにも非対応となった。
     CINEMA 3Dや2D-3D変換、デュアルプレイなどの3D機能を装備。チューナは地上/BS/110度CSデジタル×2で、
    別売USB HDDへの番組録画に対応する。内蔵スピーカーの最大出力は10W×2ch。なお、55EC9310に搭載していた
    ヘッドフォン出力は、55EG9100では省かれている。
     HDMIのほか、コンポーネント/コンポジット映像入力×各1、光デジタル音声出力×1などを装備。
    Ethernetや無線LANも内蔵する。放送通信連携のハイブリッドキャスト(Hybridcast)に対応するほか、
    スマートフォン画面などをテレビに映せるMiracastにも対応する。USBは3系統装備。
     消費電力は320W(待機時0.3W)、年間消費電力量は122kWh/年。スタンドを含む外形寸法と重量は
    122.5×20.8×76cm(幅×奥行き×高さ)、15kg。マジックリモコンや標準リモコン、3Dメガネ×2などが付属する。

    引用元: ・【家電】LG、55型フルHDの有機ELテレビを発売 価格は35万円

    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1448010545/ 【LG 55EG9100 55型のフルHD有機ELテレビ! 実売約35万円】の続きを読む

    このページのトップヘ