生産完了した過去のオーディオ機器をヤフオクなどで探すための個別機器ガイド。フィリップスのCDプレーヤーで、発売1991年、メーカー希望小売価格:¥330,000(税別)の機器を紹介。

フィリップス創立100周年を記念して発売されたCDプレーヤー。
メカニズム部にはスイングアーム・メカのCDM-4ミニダイキャスト・メカニズムを採用し、DAC部は、TDA-1547(DAC7)+SAA7350をチャンネル1基ずつ使い、ダブル・ディファレンシャル・モードで動作。

アナログ出力には、バランス出力も装備。デジタル出力は光・同軸装備。

CDプレーヤーの名機として発売20年以上経った今でも珍重される名機です。

スイングアーム・メカとDAC7のコンビが本家のフィリップスで、しかも100周年記念という付加価値もあってのもの。

もちろん、愛好家が今でも追い求める特別な音質を持つからに他なりません。

ツイッターで見てみると、メンテへの不安が高い機種であることはわかります。当然ですが残念です。
仕様など
アナログ・バランス出力・アンバランス各1 デジタル出力:光・同軸 消費電力 約18W 外形寸法 幅457×高さ140×奥行359mm 重量 約16.7kg