家電情報 まとめ・ニュース

家電がわかるまとめ情報サイト。白物から黒物まで。

    新製品

    イーバランスは、「ROOMMATE」ブランドより、全自動コーヒーメーカー「EB-RM500A」を7月より発売。価格は29,800円。

    好みのコーヒー豆を自動で挽きそのままドリップする全自動コーヒーメーカー。杯数設定に応じて豆を挽くため、常に新鮮で淹れたての味と香りを楽しめる点が特徴。さらに、コーヒー粉を使ったドリップにも対応。

    24時間タイマーを搭載し、設定した時間にコーヒーを自動で作ることが可能。コーヒー豆の粗さ調整は5段階、コーヒーの濃さ調整は3段階から調節でき、2時間まで保温できます。このほか、水タンクに活性炭フィルターを装備しているので、水道水からでもきれいな水でコーヒーを淹れられるという。

    水タンク容量が約1300ml、コーヒー豆タンク容量が約150g、ガラスサーバー容量が約1300ml、消費電力が1000W。

    本体サイズは250(幅)×390(高さ)×250(奥行)mm、重量は約4kg。

    調節できる点を並べて見ると、
    ・豆を挽く粗さ(5段階)、
    ・コーヒーの濃さ調節(3段階)
    ・コーヒーの粉の容量調節(5段階)

    これだけ便利で価格も比較的手ごろと言える全自動コーヒーメーカーではないでしょうか。

    1: Ψ 2015/05/10(日) 19:19:19.44 ID:+lCpjRq70.net
    だれかくれよ

    引用元: ・家庭用全自動コーヒーメーカーほしい

    http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1431253159/ 【ROOMMATE EB-RM500A 豆から挽ける全自動コーヒーメーカー】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/06/17(水) 18:59:38.07 ID:???.net
    http://news.mynavi.jp/articles/2015/06/16/sharp/

    シャープは6月16日、スティック型のコードレスサイクロン掃除機「FREED」の新モデル「FREED 2 EC-SX310」
    (以下、EC-SX310)を発表した。今回のモデルチェンジでは、パーツの軽量化と重心バランスの最適化により、 手にかかる重さを従来の40%低減。発売は7月中旬で、推定市場価格は税別70,000円前後。

    スティック型掃除機はサブからメインに 同日に開催された製品発表会には、シャープの健康・環境システム事業本部 ランドリーシステム事業部長の 林一正氏が登壇し、掃除機の業界動向について説明した。林氏によると、 以前はメインの掃除機としてキャニスター型掃除機を購入し、コードレスのスティック型掃除機はサブ機として買い求める人が多かった。
    しかし、小型ながらハイパワーなモーターの実現や、バッテリーの長寿命化などによって コードレスの掃除機は高性能になってきた。現在は高級コードレス掃除機をメインの掃除機として購入するユーザーが増えているという。

    シャープ 健康・環境システム事業本部 ランドリーシステム事業部長の林一正氏
    コードレスのスティック型掃除機は、コードの抜き差しをする必要がなく、手軽に利用できるのが特長だ。
    一方で、構造上モーターやバッテリー、ダストカップなどのパーツが手もとに集中するため、 掃除中に手に重さがかかるというデメリットもある。家中を掃除するメインの掃除機として使われる ことが増えてきているなか、「長時間使うと疲れる」ことに問題を感じ、今回のFREED 2を開発した。 EC-SX310ではモーターとバッテリーを軽量化。さらに各パーツの配置を見直し、 重心バランスを製品の中心軸上に置く「マジックバランス」を採用した。これにより、バッテリーなどの重量を分散させ、手にかかる重さを約40%低減。

    従来モデルでは、製品重量約83%に当たる約1.82kgの重さが手にかかっていたが、
    新モデルでは製品重量の約51%に相当する約1.08kgまで軽くなっている。
    さらに、掃除機を左右にひねる動作をした際、手にかかる負荷も従来比で約半分となった。

    マジックバランスを採用したことで、自立するようになったのも特徴。掃除機を壁に立てかける必要がなくなり、 掃除の中断・再開をサッと行える。自立するのは、急な来客時や、掃除中に床上のものを動かす時にも役立つ。

    小型モーター駆動で前へ進む自走ヘッドを採用。従来モデルの約4倍のパワーで、 前に進むのをアシストしてくれる。そのため、フローリングはもちろん、毛足の長いじゅうたんなどの上も軽い力で掃除できるという。

    掃除性能も向上した。「大風量ターボモーター」の採用により、吸引風量は従来比で約30%増量。
    さらに、ヘッドの前方と側面に吸込口を設けることで、ヘッド周りのホコリやチリを引き込んで吸引することが可能になり、 壁際などのゴミの取り残しも防げる。
    ヘッド内の回転ブラシは、汚れをかき出す「ハードブラシ」、ホコリをふき取る「ソフトブラシ」、
    ブラシの雑菌繁殖を抑える「Ag+イオンブラシ」、フローリング表面の汚れを磨く「床みがきブラシ」で構成される。
    「床みがきブラシ」とは、床を拭いたような効果を発揮するブラシ。これにより、ゴミを吸引する掃除だけでなく、「拭き掃除」も同時に行える。

    コードレス掃除機で気になるバッテリー性能についてだが、EC-SX310はフル充電で最長約30分の運転が可能だ。
    また、急速充電ができるため、充電時間が約80分と短いのも特徴だ。充電方法は従来モデル同様、
    本体からバッテリーを外して専用充電器に取り付ける「セパレートチャージ」方式。別売の予備バッテリーを購入しておけば、
    バッテリーを交換することで掃除時間を延長できる。また、充電器のみをコンセント周辺に設置し、 掃除機本体は物置などに収納するといった使い方も可能だ。予備バッテリーの推定市場価格は税別8,000円前後。

    EC-SX310の下位モデルとして「EC-SX210」も発表された。EC-SX210はパワフル自走や床みがき機能などを省略しているほか、 付属ブラシの数も少ない。EC-SX210の推定市場価格は税別50,000円前後。

    no title

    ヘッドに搭載されたモーターによって前へ進む自走式。人が手で押さなくても、スイッチを入れると勝手に前進する
    no title

    油性ペンで書いたフローリングの落書きを消すデモ。床みがきブラシのおかげで、ヘッドを数回往復させると、ほとんどのインクが消えた

    引用元: ・【家電】シャープ、油性ペンも消せるスティック型掃除機「FREED 2」を発売 軽量化と重心バランス最適化で長時間でも疲れにくい

    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1434535178/ 【SHARP FREED 2 EC-SX310 油性ペンも消せるスティック型掃除機!】の続きを読む

    このページのトップヘ