家電情報 まとめ・ニュース

家電がわかるまとめ情報サイト。白物から黒物まで。

    新製品

    ヤマハは、ネットワークオーディオプレーヤー機能を内蔵したステレオプリメインアンプ「R-N602」を10月下旬に発売。価格は64,800円。

    定格出力70W×2ch(6Ω)、最大出力110W×2ch(6Ω)のプリメインアンプ。アンプとしての性能は「A-S501」(2014年)とほぼ同等で、シングルプッシュプル構成を採用。ToP-ART思想に基づく、ダイレクトな回路レイアウトや、ART-Base、専用設計のEIトランス、8,200μFのブロックケミコンなども採用。

    ネットワークオーディオプレーヤー機能も備えているのが大きな特徴。WAV/FLAC/AIFF/ALAC(Apple Lossless)に対応。DSDの再生も可能で、ギャップレス再生もサポート。PCMは192kHz/24bit、DSDは5.6MHzまでサポート。

    USB端子も前面に備え、iPodなどのiOS機器を接続可能。Bluetoothもサポートし、プロファイルはA2DP/AVRCP、コーデックはSBC/AACをサポート。FM/AMチューナも搭載。

    無線LANも内蔵。入力端子として光デジタル×2、同軸デジタル×2も備え、192kHzまでのデータが入力できる。MMカートリッジ対応フォノ入力を含む計5系統のアナログ音声入力も装備。ヘッドフォン出力も搭載。

    DAC内蔵でネットワークプレーヤーもついたアナログプリメインアンプ(チューナー付きなのでレシーバー)という多機能機。推奨スピーカーは同社のNS-B330など。

    AirPlayやインターネットラジオ、radiko.jpの受信もサポート。さらに、YAMAHA独自の新ネットワーク機能の「MusicCast」にも対応。専用のアプリ「MusicCast CONTROLLER」を利用してさまざまな機能が使えます。

    消費電力は190W。外形寸法は435×392×151mm(幅×奥行き×高さ)、重量は9.8kg。

    引用元: ・ミニコンポ総合スレッド Part13

    http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/av/1437638310/ 【YAMAHA R-N602 多機能なネットワークレシーバー】の続きを読む

    1: 1級神2種非限定φ ★ 2015/10/14(水) 18:27:36.29 ID:???.net
    東芝ライフスタイルは、HDR時代に向けて一新した最上位4K液晶テレビ「REGZA Z20Xシリーズ」を 11月上旬より発売する。4K REGZAのフラッグシップとなり、65型「65Z20X」、58型「58Z20X」、50型「50Z20X」の3モデルを用意する。 価格はオープンプライスで、店頭予想価格は65型が64万円前後、58型が45万円前後、50型が37万円前後。

    東芝REGZAハイエンドモデル。リアリティを追求し、液晶パネルやバックライトを一新した「レグザパワーディスプレイシステム」と、 新映像エンジン「4KレグザエンジンHDR PRO」など、基本設計を一新。 Ultra HD Blu-rayや4K映像配信、4K放送など、4Kネイティブコンテンツ対応を強化し、「本格的HDR対応時代の4K高画質」を目指したという。

    4K放送チューナ(124/128度CS)も内蔵し、本体だけで4K放送視聴が行なえるほか、 6チャンネルの地デジ番組を常時録画できる「タイムシフトマシン」、 番組名やジャンル名から好みの番組やネット動画をすぐに見つけられる「みるコレ」に対応。 さらに、Netflixや、ひかりTV 4Kなどの4K映像配信サービスにも対応する。

    テレビの音も強化し、新たなスリット型ドームツイータを搭載した「レグザオーディオシステム」も搭載。 さらに、別売のレグザサウンドシステム「RSS-AZ55」により、テレビと外部サウンドシステムを連携動作させ、 より高音質を楽しめるという。RSS-AZ55については別記事で紹介する。

    4K REGZAは、ハイエンドのZ20Xシリーズと、ミドルクラスのJ20X、スタンダードモデルのG20Xの
    3シリーズ9モデル展開となる。


    詳しくはソース元でご確認ください
    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20151014_724204.html

    引用元: ・【テレビ】HDR時代の4K高画質を。東芝REGZA最上位「Z20X」

    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1444814856/ 【東芝 REGZA 65Z20X など Z20Xシリーズ フラグシップ4Kテレビ!】の続きを読む

    山善は、こたつの新モデルとして「1人用こたつ VGA-58H」を発売。価格は24,900円。

    1人暮らしや比較的狭い部屋への設置に便利な、コンパクトサイズのこたつ。天板サイズが58×58cmと小型ながらも、高さが58cm(継脚時)となっており、椅子に座って使用することが可能。立ち座りも楽に行えるというのがアピールポイント。

    こたつ、こたつ布団、椅子がセットになっており、箱から出してすぐに使用できるので便利。機能面では、遠赤外線を多く放出する石英管ヒーターを採用。身体を芯から暖めることができるとしています。

    消費電力は300W。こたつのサイズは58(幅)×53~58(高さ)×58(奥行)cm、重量は11kg。椅子のサイズは52(幅)×47.1(高さ)×44.6(奥行)cm、重量は5.8kg。こたつ布団のサイズは175(幅)×175(高さ)cm。

    いろいろな理由で一人暮らしが増えている現在の日本の世情を反映、というか象徴しているような新製品で、便利な反面、なんだが考えさせされるような気もします。

    もうこたつは家族で入るもの、というイメージは遠い昔のもののようです。
    【YAMAZEN(山善) VGA-58H 椅子に座って使える1人用こたつ】の続きを読む

    ソフトバンクは、SoftBank SELECTION(ソフトバンクセレクション)ブランドより、ハイレゾ対応マイク付きイヤホン「SE-5000HR」を11月20日に発売。直販サイトでは8,800円(税込)で販売。カッパー/ゴールド/ブラックの3色を用意。

    ダイナミック型8mmドライバーを搭載し、再生周波数帯域は5Hz~45kHzとハイレゾ対応スペックをクリア。パッケージにはハイレゾロゴもついています。

    ドライバーユニットを含むハウジング部を独立させたオリジナルフォルムでノイズを防ぎ、クリアな音を再生するともしています。金管楽器をモチーフにしたデザインを採用しているのも特徴。ハウジングはアルミニウム。

    クリアな中高音域と深みある低音域の再生、ハイレゾ音源の豊かな音の広がりを実現させるために、構造設計とチューニングにこだわったとしています。

    ケーブル長は約1.2m(Y型)で、ケーブルにマイク付きリモコンを備えており、通話や音楽操作が可能。iPhoneやAndroidスマートフォンの操作に対応。プラグ部はL型の3.5mmステレオ4極ミニプラグ。重量は約15.9g。XS/S/M/Lの4サイズのイヤーピースやキャリングポーチが付属。

    大手家電メーカーが強いイヤホン業界にソフトバンクが名乗りをあげました。「ハイレゾ」という売り文句を使えば、後発でも勝算があるということなのでしょうか?
    【SoftBank SELECTION SE-5000HR 8,800円のハイレゾ対応イヤホン】の続きを読む

    シャープは4Kテレビ「LC-60XD35」を発売。価格はオープンで55万円前後での販売が予想。

    RGBYの4原色パネルを用いることで8K相当の解像度相当の表示を可能にした“AQUOS 4K NEXT” 70型モデル「LC-70XG35」と同日発売で、8K相当への解像度向上を行わない、通常の4Kテレビとして発売の下位機。

    パネルにUV2A技術を用い、メガコントラスト技術を採用してHDRへ将来的にアップデートすることはLC-70XG35と同様。また映像エンジンも同じ「X8-Master Engine PRO」ですが、本機は「超解像 分割駆動回路」を持たない。

    また、高演色リッチカラーテクノロジーは搭載されておらず、THX 4Kディスプレイ規格の認証取得も行っていません。

    音声は70型のAQUOS 4K NEXと同様。2.1ch 3ウェイ10スピーカー構成の「AROUND SPEAKER SYSTEM」を搭載。

    そのほか、HEVCデコーダーの搭載、ひかりTVの4K VODやNETFLIXへの対応、4系統4端子のHDMI端子搭載などは「LC-70XG35」を踏襲しています。HDCP 2.2やITU-R BT.2020にも対応。USBは3端子を設け、USB-HDDに2番組同時録画を行うこともできます。

    引用元: ・【4K】4K総合スレ 31【UHD】

    http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/av/1442580743/ 【シャープ LC-60XD35 HDRへ将来的にアップデート可能な4Kテレビ】の続きを読む

    このページのトップヘ