家電情報 まとめ・ニュース

家電がわかるまとめ情報サイト。白物から黒物まで。

    新製品

    1: 1級神2種非限定φ ★ 2015/07/29(水) 12:19:48.09 ID:???.net
    東芝ライフスタイルは、全録タイムシフトマシン対応などで機能強化した
    4K液晶テレビ「REGZA J20Xシリーズ」を8月12日より発売する。
    43型「43J20X」、49型「49J20X」、55型「55J20X」の3モデル展開で、価格はオープンプライス。
    店頭予想価格は43型が24万円前後、49型が29万円前後、55型が34万円前後。

    従来のJ10Xシリーズとの違いは、6チャンネル同時録画機能「タイムシフトマシン」を新搭載したほか、 画質の強化やHDR対応、著作権保護技術「SeeQVault」対応など。
    全面直下型LEDや広色域パネルなど画質面の主な特徴はJ10Xを踏襲しながら、 HD映像などを高品位にアップコンバートする「4Kマスターリファイン」の強化などで、画質を向上している。

    最上位Z10Xシリーズとの主な違いは、液晶パネルのほか、 直下型LEDの部分駆動(ローカルディミング)が省かれているほか、4Kチューナが非搭載となることなど。

    ※詳細はソース元でご確認ください
    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20150729_712736.html

    引用元: ・【テレビ】東芝、全録再定義のタイムシフト4K TV「REGZA J20X」

    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1438139988/ 【東芝 「REGZA J20X」 43J20Xなど3機種 4Kテレビ チャレンジした?】の続きを読む


    パナソニックは、ズーム録音対応のICレコーダ2モデルを10月15日より発売する。価格はすべてオープン。ラインナップと店頭予想価格は、FM補完放送対応の「RR-XS460」が10,000円前後で、ラジオ非搭載の「RR-XS360」が8,000円前後。カラーは、XS460がブラック、ホワイト、シルバー、レッドの4色。XS360はシルバー、ブルー、ピンクの3色。

    前方正面の音を強調し、セミナーや講義の録音に便利な「ズーム録音」機能を搭載。

    再生機能として、録音時に入ってしまいがちなエアコンやプロジェクタなどの雑音を抑える「ノイズキャンセル再生」に対応。マイクで集音した音をイヤフォンなどでリアルタイムに聴ける「集音機能」も備える。

    XS460は、AMラジオ放送と同一の放送内容をFM聴取できるFM補完放送(ワイドFM)に対応したFMラジオチューナを備え、録音も可能。

    内蔵メモリはどちらも4GBで、microSDHCカードも利用可能。録音形式はリニアPCMとMP3で、XS460はMP3 320kbps、192kbps、128kbps、64kbpsに対応。モノラル録音時は32kbpsと8kbps。XS360はMP3 320kbpsと64kbpsには非対応。XS460はWMAファイル再生にも対応。出力90mWのモノラルスピーカーやイヤフォン出力を装備。ライン入力にも対応。電源は単4形乾電池×1で、XS460はニッケル水素乾電池が付属し、USB充電にも対応。


    引用元: ・今ICレコーダー買うなら?Part42

    http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/dgoods/1407905474/ 【Panasonic RR-XS460ほかズーム録音対応のICレコーダー ラジオは必要?】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/07/29(水) 11:10:04.12 ID:???.net
    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20150728_713724.html

    LGエレクトロニクス・ジャパンは、4Kテレビのエントリーモデル「UF6900」シリーズを8月7日に発売する。
    49型の「49UF6900」と、43型の「43UF6900」をラインナップ。価格はどちらもオープンプライスで、
    店頭予想価格は49型が138,880円前後、43型が108,880円前後。

    どちらのモデルも解像度は3,840×2,160ドット。独自開発のIPS 4Kパネルを採用し、
    178度の広視野角でどの角度からも鮮明な4K映像が楽しめるという。バックライトはエッジ型のLEDを採用している。
     映像エンジン「True 4K Engine」とIPS液晶の組み合わせで、速い動きの映像でもブレを低減。
    HD映像などを4Kまでの画素にアップスケーリングして表示する機能も備えている。なお、3D表示は対応しない。
     USB HDDを接続する事で、HDDへの録画も可能。チューナは地上/BS/110度CSデジタルを各2系統装備し、裏番組録画にも対応できる。

     webOS 2.0を採用しており、ホーム画面の「スマートホーム」から様々な機能が利用可能。
    画面右側に、インストールしたアプリを一覧表示できる「マイアプリ」、
    左側には楽しんだコンテンツ履歴を表示する「ヒストリー画面」を表示。コンテンツを途切れることなく、なめらかに切り替える感覚で利用できる。

     よく見るチャンネルをランチャー上に登録する「お気に入りチャンネル」、
    モードやセッティングを簡単に変更できる「クイック設定」、見ているテレビ画面はそのままに外部機器の
    表示を呼び出せる「インプットアシスタント」、放送中の他の番組や録画番組を確認できる「ライブメニュー」なども備えている。
     ハイブリッドキャストもサポート。付属のマジックリモコンは、上下左右に動かす事で、画面を直接指差すような感覚で、
    目当てのコンテンツをポイント&クリックして操作できる。
     スピーカーは5W×2ch。「ウルトラサラウンド」回路も搭載する。テレビの筐体にはメタル素材を採用した。
     入力端子はHDMI×2、コンポーネント/コンポジット×1などを装備。出力は光デジタル音声×1、
    ヘッドフォン出力×1など。Ethernet端子を備えるほか、無線LAN機能も内蔵している。

     消費電力は49型が110W(待機時0.3W)、43型が90W(同0.3W)。年間消費電力量は49型が115kWh/年、
    43型が85kWh/年。スタンドを含めた外形寸法と重量は、49型が110.3×19.8×69.8cm(幅×奥行き×高さ)で、
    14.7kg。43型が97.1×19.8×62.4cm(同)で、11kg。

    引用元: ・【家電】LG、43型で約11万円 49型で約13万円の4KTVのエントリーモデルを発売

    【LG、43UF6900 約11万円からのエントリー4Kテレビ「UF6900シリーズ」】の続きを読む

    シャープは、液晶テレビAQUOSのプライベートモデルとして、MHL対応スマートフォンの画面を映すことができ、外付けのUSB HDDへ裏番組録画もできる「AQUOS K30」シリーズを7月30日より順次発売。24型「LC-24K30」、22型「LC-22K30」、19型「LC-19K30」の計3モデルをラインナップ。

     発売日と店頭予想価格は、7月30日発売の24型が50,000円前後、22型が45,000円前後。8月30日発売の19型が40,000円前後。カラーは22型と19型がブラックとホワイトの2色で、24型はレッドを加えた3色を用意。

    3モデルとも地上/BS/110度CSデジタルチューナを各2系統搭載。液晶パネルは24型と19型が1,366×768ドットで、22型が1,920×1,080ドットのフルHD。バックライトはLED(エッジライト型)。視野角は上下/左右176度。

     別途用意したUSB HDDにテレビ番組を録画可能で、ダブルチューナのため裏番組録画も行なえる。バッファロー製の長時間録画HDDに対応し、BSデジタル放送で4倍、地上デジタル放送で3倍の長時間録画が可能。

    機能面では、音声を聞きやすくする「くっきり音声」や、スライドショー付きカレンダー、時計機能を搭載。ジャンルやキーワードで番組を検索したり、今日・明日のおすすめ番組を自動で知らせたりするほか、番組開始直前に通知する機能も搭載。

    HDMIはMHL対応×1を含む計2系統を備え、MHL対応スマートフォンを接続することで、充電しながら静止画やYouTubeなどの動画をテレビ画面に映せる。Ethernetを装備し、AQUOSファミリンクにも対応。入力端子はHDMIのほか、D5×1、コンポジット×1、アナログ音声×1。パソコン用のD-Sub 15ピンも備える。出力はヘッドフォン×1で、3W×2chのフルレンジスピーカーを内蔵。アンプはデジタルアンプ。

    引用元: ・【液晶TV】SHARP AQUOS 102台目【アクオス】

    http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/av/1430738772/ 【シャープ AQUOS LC-22K30 ほか液晶テレビAQUOSのプライベートモデル】の続きを読む

    グループセブ ジャパンは、「ティファール」ブランドの電気ケトル「ノヴェア 0.5L」を発表。9月より発売。価格は10,000円(税別)。

    「ティファール」初となる給湯ロックを備えた電気ケトル。転倒時のこぼれにくさに配慮した転倒流水防止タイプとなっている。本体は、ステンレス製内容器とプラスチック本体の2重構造で、熱くなりにくい。注ぎ口は、ほこりが入りにくく、汚れにくい形状を採用。

    カップ1杯(140ml)の場合、沸騰するまでの時間が約58秒で、電気料金は約0.5円(1kWh/22円で計算)。自動電源オフ機能や空だき防止機能も搭載。本体サイズは210(幅)×190(高さ)×135(奥行)mm、重量は977g。ボディカラーはホワイトとブラックの2色を用意。

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/19(金) 11:46:30.586 ID:lOGAfB8h0.net
    立ったら書く

    引用元: ・ティファールに水入れてボタン押した結果wwwwwwwwwwww

    http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1434681990/ 【ティファール ノヴェア 0.5L 「ティファール」初となる給湯ロックを備えた電気ケトル】の続きを読む

    このページのトップヘ