家電情報 まとめ・ニュース

家電がわかるまとめ情報サイト。白物から黒物まで。

    オーディオ

    denonwireless
    デノンは、防水Bluetoothワイヤレスイヤホン「AH-C160W」を発表。2月上旬より発売。

    大口径11.5mmダイナミック型ドライバーを装備したカナル型イヤホンタイプ。イヤーフックによる耳かけ装着型。重量が23g。

    Bluetoothのバージョンが4.1、対応プロファイルがA2DP、AVRCP、HSP、HFP、対応コーデックがAAC、SBCをサポート。SCMS-Tにも対応。送信出力はClass 1。再生周波数帯域が5~22000Hz、出力音圧レベルが100dBA。連続再生時間が約4時間、充電時間が約2時間。

    音質面では、デノン製品の音決めを担当するサウンドマネージャーとエンジニアによって、リスニングテストを実施。ジムや屋外でのトレーニング中でも周囲の騒音にボーカルやビートが埋もれず、クリアに聴こえるよう、独自のDSPチューニングを施したとしています。

    本体は、ハウジングの密閉性の向上や防水タイプの充電用USB端子、基板を水分から守るNanoficsコーティングを採用し、防滴性能がIPX5/7相当に向上。トレーニング中の汗や突然の雨でも安心して使用できます。装着感については、オーダーメイド補聴器のスターキージャパン社による協力のもと、イヤーフックをデザイン。専用にカスタマイズしたComplyイヤーチップも付属。

    このほか、ハンズフリー通話マイクを搭載。周囲のノイズを抑えて声を聞き取りやすくするcVc(Clear Voice Capture)によって、高音質な通話が行なえるのもポイント。音声ガイダンス機能も新たに搭載。

    非常に機能的な意欲作なのはわかります。しかしデザインは未来的というか個性的。何というか、すでにネット上で指摘があるように、まるでう○こという意見さえあります。一度そう見えてしまうと、まるでジョークアイテムのように感じてしまいます。

    あまり小さくないのも気になりますが、そこは入念なデザインによって、うまくなっているのかもしれません。

    デノンのイヤホンが迷走し始めたのでなければいいのですが…。


    _SX425_


    ロジテックINAソリューションズは、ラジオ搭載ボイスレコーダー「LRT-FMVR01BK」を発表。同社直販サイト「ロジテックダイレクト」にて1月26日より発売します。


    本体サイズは33(幅)×177(高さ)×15(奥行)mm、重量が約62g(電池含む)。価格は7,389円(税別)。


    FMラジオと音声を非圧縮の高音質で録音できるラジオボイスレコーダー。ポケットに入る小型・軽量サイズで、日常的にラジオを持ち歩いて聴きながら、ラジオ番組の録音も簡単にできます。ボイスレコーダー機能は、趣味のお稽古や生涯学習の講座の音声録音、音声メモなど幅広く活用可能。内蔵メモリーは8GB。


    また、ワイドFM(FM補完放送)に対応し、FMステレオ放送のクリアな音でAM放送を聴けます。


    操作ボタンは、大きくて見やすい文字と、わかりやすい表記で、高齢者が使いやすいデザインを採用。


    主な仕様は、録音フォーマットがリニアPCM 48kHz、保存データ形式がWAV、FM周波数が76MHz~95MHz、内蔵スピーカー出力が最大100mW、使用可能時間(アルカリ乾電池)は、音声録音が約11時間、FMラジオ録音が約12時間、FMラジオ聴取(イヤホン)が約28時間、音声再生(イヤホン)が約24時間、音声再生(スピーカー)が約23時間。


    電源は単4型乾電池2本であるため、充電の手間がなく、内蔵充電池の劣化による使用時間の短縮、使用不可の心配もありません。災害時の情報収集用に、乾電池とともに非常用に備えておくと便利。


    録音はWAVだけなのでしょうか?MP3もあればいいのですが。また、SDカードでの容量増加もできないようです。まあ、あれもこれもと要求するタイプの製品でもないでしょう。





    TimeBox
    WiseTechは、DivoomのBluetoothスピーカー「TimeBox」を27日より発売します。オープン価格で、予想価格は9,420円前後(税込)。外形寸法は約114×55×116mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約433g。

    121灯のRGB LEDで絵文字などを表示でき、スマートフォン用アプリから表示カスタマイズもできるのが売り。

    「Aurabox」の上位機。前面に121灯(11×11)のRGB LEDを搭載し、Auraboxの100灯(10×10)から数を増やしたほか、カラーも78色から選べるようグレードアップしました。

    iOS/Android用アプリでLED表示をカスタマイズでき、あらかじめ用意されたデザイン・アニメーション以外にもオリジナルのデザインなどを作成可能なのも特徴です。LINEやSkype、Twitterなどのアプリとの連携をONにしておくと、通知を受信した際にLEDでアプリのアイコンも表示可能です。

    肝心のスピーカーとしては、背面に3インチフルレンジユニットとパッシブラジエーターを備えるモノラルタイプ。再生周波数帯域は60Hz~20kHz。内蔵アンプの出力は5W。

    Bluetooth 4.0に準拠し、プロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSP。本体上部にマイクを備え、ハンズフリー通話もできます。

    クロックやスリープ、アラームなどの機能も備え、FMラジオ(76〜91MHz)も備えるなどなかなか多機能。

    容量2,500mAhの内蔵バッテリーを備え、USB充電に対応。連続使用時間は約6時間、充電時間は約3時間。

    カラーはブラック、アイボリー、レッド、ホットピンク、ブルー、ホワイトの6色ですが、これらは直販サイトのみで限定発売。その他の販売店ではブラックのみとなります。

    音質云々をあまり考えるものではなく、楽しく生活を彩るアイテムといったところ。アラームクロック、卓上ラジオとしての役割も見逃せません。

    本格オーディオメーカーもこうした製品作りを参考にしたほうがいいのかもしれませんね。
    【Divoom TimeBox 121灯のRGB LEDで絵文字などを表示できるBluetoothスピーカー!】の続きを読む

    1: casillas ★@\(^o^)/ 2015/11/10(火) 15:44:34.77 ID:???*.net
    HONDA ESTILO株式会社は10日、同社に所属する日本代表FW本田圭佑がプロデュースしたスポーツサポート イヤホン「DREAM BUDDY」が18日より新発売されると発表した。

     普段のトレーニングでも音楽を活用している本田が、「自分に聴け。自分を聴け。」をコンセプトに、使用感やフォルム、デザインといった細部までこだわったこれまでにないスポーツサポート イヤホン。
    運動中に邪魔になるケーブルを取り除くためにBluetooth+ネックバンド型を採用するなど、アスリート向けに開発された。

     2014年より「DREAM PROJECT」と題して、アスリートの経験をカタチにし、夢実現のサポートをする商品の開発に携わってきた本田。
    2014年には自身の中学時代から現在に至るまで書き続けているノートをベースにした「夢ノート」を、2015年には小学生から高校生向けに再構成した「夢ノート第2弾」、ビジネスマン向け「夢ノート ビジネス手帳 2016」をプロデュースした。

     プロジェクト第3弾となる「DREAM BUDDY」の価格は25,800 円(税別)で、家電量販店やスポーツ用品店などで販売される。

    http://www.soccer-king.jp/news/japan/japan_other/20151110/368453.html
    no title

    引用元: ・【サッカー】本田圭佑監修のイヤホンが発売…コンセプトは「自分に聴け。自分を聴け。」

    【FOSTEX Dream buddy 本田圭佑プロデュースのBluetoothスポーツイヤホン!】の続きを読む

    1: すゞめ ★ 2015/11/12(木) 14:05:06.70 ID:???*.net
    http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20151112_730008.html
    (2015/11/12 09:50)

    JVCケンウッドは、ケンウッドブランドのコンポ「Kseries」新モデルとして、ハイレゾ対応の「XK-330」を11月中旬に発売する。
    価格はオープンプライスで、店頭予想価格は42,800円前後。カラーはゴールド(N)とブラック(B)を用意する。

    no title

    http://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/730/008/k2_s.jpg

    CDとUSBメモリ再生、Bluetooth、FM/AMラジオ対応のメインユニットと、2ウェイブックシェルフスピーカーで構成するコンパクトなオーディオシステム。最大出力10W×2chのフルデジタルアンプを内蔵する。

    USBメモリに収めた96kHz/24bitまでのハイレゾファイル(WAV/FLAC)の再生に対応。フルデジタルアンプ部は、スピーカー端子までの回路構成を最短化し、
    外部からのノイズの影響を抑制。振動対策の徹底により、ハイレゾ音源も高いクオリティで再生できるとしている。CD部は、音楽CDのほか、MP3やWMAを記録したCD-R/RWの再生が可能。
    Bluetooth 2.1+EDR対応で、NFC搭載スマートフォンとワンタッチでペアリング可能。プロファイルはA2DP/AVRCPをサポート。音声コーデックはSBC。

    FM/AMラジオを搭載し、FM補完放送の「ワイドFM」にも対応する。ステレオミニのアナログ音声入力やヘッドフォン出力を装備。
    メインユニットの外形寸法は180×224×123mm(幅×奥行き×高さ)、重量は1.8kg。リモコンやFM簡易アンテナ/AMループアンテナなどが付属する。
    スピーカーは、“新書サイズ”という外形寸法102×158×181mm(幅×奥行き×高さ)の筐体に、40kHzまでのハイレゾ帯域もカバーする19mm径ソフトドームツイータを搭載。
    ツイータ内部の吸音材で耳につく反射音を削減し、特定のピークを持たない高域特性を実現したという。ウーファは80mm径で、コーティング・ピュアパルプ素材を使用。
    パルプの叩解度を調整し、繊維の長さを緻密に設定してメリハリのある音楽再生を可能にしたとしている。スピーカー端子はバナナプラグ対応。1台の重量は1.7kg。付属のスピーカーケーブルにはOFCを使用している。

    引用元: ・【企業】ケンウッド、ハイレゾ対応の「Kseries」CDコンポ。USB/Bluetooth搭載

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1447304706/ 【ケンウッド(KENWOOD) XK-330 ハイレゾ対応CDミニコンポ!】の続きを読む

    このページのトップヘ