東芝は、液晶テレビ“REGZA”「S10」シリーズに50型モデル「50S10」を追加し11月上旬より発売。オープン価格で125,000円前後での実売が予想。

5月に40型と32型が発売されていたシリーズに、新たに50型が追加。

画面解像度はフルHD。バックライトはLED、映像処理回路にはレグザエンジンを搭載。地上/BS/110度CSデジタルチューナーを1基ずつ装備。特徴は、室内の明るさをリアルタイムに検知・解析し、自動で画質調整を行う“おまかせオートピクチャー”機能を搭載していること。色温度は1,024段階、ダイナミックガンマは128段階、明るさは100段階のなかで自動調整。明るい部屋ではメリハリのある映像、日没後は繊細で落ち着いた映像、暗い部屋ではまぶしすぎない映像など細かくコントロールしてくれます。

他機器との連携機能にも対応、テレビのリモコンでレグザサーバーやUSB-HDD、オーディオなどの外部機器を操作できる「レグザリンク・コントローラ」も搭載。また、約0.75フレーム(約12.5msec)の低遅延でテレビゲームをスムーズにプレイできる「ゲームダイレクト」機能も装備。

録画機能は外付けUSB-HDDへの録画にも対応。連ドラを毎回録画する設定にできる「簡単連ドラ予約」や、録画番組を見たい箇所から再生できる「マジックチャプター」、シンプル操作で簡単に録画できる「一発録画・予約」なども装備。チューナーは一基なので、裏番組録画や2番組同時録画は行えません。

スピーカー出力は7W×2ch。入力端子はHDMI×2、コンポジット×1、アナログ音声×1。Ethernetも備えています。

消費電力は91W(待機時0.11W)、年間消費電力量は62kWh/年、外形寸法は112.2×21.4×70.2cm(幅×奥行き×高さ)、重量は16.5kg。

シンプルでも使いやすい50型テレビを求めているような人に向いていそうです。

引用元: ・東芝液晶テレビ REGZA(レグザ)総合 Part171

【東芝 REGZA 50S10 「S10」シリーズに50型モデルが追加!】の続きを読む