エプソンは、独自の3LCD方式を採用するホーム用液晶プロジェクター“dreamio”シリーズの新モデルとして、実売10万円台の“EH-TW5350”ラインを8月27日に発売。プロジェクター単体製品の「EH-TW5350」と、同モデルに80インチスクリーンがセットになった「EH-TW5350S」の2種類をラインナップ。

・EH-TW5350(単体)¥OPEN(直販サイト価格104,980円・税抜)
・EH-TW5350S(スクリーン付属)¥OPEN(直販サイト価格109,980円・税抜)

2010年に登場した同社製プロジェクターのヒットモデル「EH-TW5200/5200S」の後継機。投影解像度は1,920×1,080のフルHD。約2.7m距離から100インチの大画面投写が行える短焦点レンズを搭載。

EH-TW5200と同じくフルHD対応モデルだが、明るさやコントラスト比を向上させ、上位モデルの画像処理技術も投入して、より画質を高めたことが本機の特徴。輝度は、従来モデルでは2,000ルーメンだったが、本機ではカラー/全白とも2,200ルーメンに。搭載ランプも従来モデルとは異なるものを採用。コントラストは、従来モデルの15,000対1に対し、本機では35,000対1という高コントラスト比を確保。

上位機EH-TW8200相当のフレーム補間機能を搭載し、よりなめらかな映像表現を実現。スクロールする字幕なども自然に表示できる。3D表示にも対応し、独自の「Bright 3D Drive 480Hz」により、明るくクロストークの少ない3D表示が可能。2D-3D変換機能も備えています。3Dメガネ「ELPGS03」は別売で、価格は10,500円。RF方式(Bluetooth)で遮蔽物の影響を排除し、安定した3D信号受信が行なえます。

さらに本体にはWi-Fiを内蔵しており、インテルWiDi/Miracastに対応し、PCやスマホ/タブレットとのワイヤレス接続が行えるようになるなど機能も強化されています。

画質調整機能も新しくなり、「ノイズリダクション」「ディティール強調」「MPEGノイズリダクション」の3種類が搭載。

レンズは光学1.2倍ズーム(F1.58~F1.72)のマニュアルフォーカス/ズームで、100型の投射距離は2.7m。投写サイズは34~332型。

入力端子はHDMI×2(MHLにも対応)、アナログRGB(D-Sub15ピン)×1、コンポジット×1、アナログ音声×2(RCA×1)を装備。アナログ音声出力(ステレオミニ)を装備。USB端子も2系統。

消費電力は307W(待機時0.21W)。騒音レベルは27dB。外形寸法は297×245×114mm(幅×奥行×高さ)、重量は約3.1kg。リモコンや逆さ設置用ゴム足などが付属。

6畳間などでも、100インチの大画面投写を手軽に実現できるようにしている点は従来機種と同じすので、本機もヒットしそうです。やはりこの価格でこの内容、機能は、魅力的でしょう。

引用元: ・低価格プロジェクターについて語るスレ31

http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/av/1435820868/ 【エプソン EH-TW5350 低価格プロジェクターの雄が機能てんこ盛りでさらに魅力的に!】の続きを読む