ソニーは、最薄部が4.9mmの世界最薄4K液晶テレビ「BRAVIA X9000Cシリーズ」を2モデルを10月24日より発売する。65型の「KJ-65X9000C」と55型「KJ-55X9000C」を用意し、価格はオープン。店頭予想価格は65型が55万円前後、55型が35万円前後。

液晶テレビで世界最薄という4.9mmを実現した4Kテレビ。薄さを活かして壁掛けにも対応し、標準で壁掛け金具が付属。4Kテレビ市場で新たな壁掛けスタイルを提案していくとしています。

薄型化しながらも、主な機能はソニー4KテレビのスタンダードシリーズのX8500Cシリーズとほぼ同等で、4Kチューナや映像プロセッサ「X1」を搭載し、画質や4Kコンテンツ対応を強化。新たにHDR(ハイダイナミックレンジ)のHDMI信号入力にも対応した。OSにはAndroid TVを採用し、音声検索の実現や、操作性の向上を図っています。Netflixにも対応。

引用元: ・Sony BRAVIA ブラビア Part192

http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/av/1440772343/ 【SONY BRAVIA KJ-65X9000C 夢の壁掛け4Kテレビ!】の続きを読む